見逃し配信と広告

見逃し配信サービスとは、新しい広告収入媒体をテレビ局側が模索する中から生まれた新しい提供サービスの1つです。最終的にはそこから収益をあげる必要がありますが、まだ始まったばかりのサービスのため、まだ手探り状態で各局の思惑も様々です。

見逃し配信と広告について

動画視聴時のCM広告の取り扱い状況

日テレ無料(TADA) CM広告無し動画視聴前・途中にCM広告有り
TBS FREE by TBSオンデマンド 動画視聴前・途中にCM挿入有り
ネットもテレ東キャンペーン CM広告無し動画視聴前・途中にCM広告有り
テレ朝キャッチアップ 動画視聴前・途中にCM広告有り
フジテレビオンデマンド プラス7 動画視聴前・途中にCM広告有り
MBSオンデマンド 動画視聴前・途中にCM広告有り
Dlife. CATCH UP 動画途中にCM広告有り
GYAO! 動画視聴前・途中にCM広告有り
niconico CM広告無し動画視聴前・途中にCM広告有り

CM広告有りとなっているところは視聴前・途中にCM広告が入ります。途中で入る場合については、動画が終わる前までに最低1回は強制で差し込まれる仕組みになっています。例えば、動画の後半から見たい場合などにシークバーを動画の後ろの方に移動すると、途中で差し込まれるはずだったCM広告の再生から始まります。

例えば、30分番組の場合、10分、20分の箇所にCMを入れると設定されていた場合、「あのシーンもう一度みたい」とシークバーを戻すたびにCMが流れます。この仕組みどうにかならないものでしょうか・・・。

唯一、Dlife.CATCH UPのみ、テレビ放送時と同じタイミング部分にあらかじめCMが挟まれた状態で動画が配信されているため、シークバーを移動してCMをスキップすることが可能です。

今後の広告の取扱い

現在、日本テレビとテレビ東京だけCM広告が入らず快適に番組を楽しめますが、先述の通りこのサービスは収益モデルの一環として始まったものなので、今後は他局と同じようにCM動画が挟まったり、YouTubeのように画面下部に広告が入ることが想像されます。

個人的には見逃し放送は続けてほしいサービスなので広告が入ることは問題ないのですが、できることなら広告が番組視聴の邪魔にならないように工夫はしてほしいかな、とは思ってます…。

 

※2015年9月27日追記
テレビ東京、niconicoでも広告が入ることを確認しましたので一部訂正致しました。

※2015年10月12日
日本テレビでも広告が入ることを確認しましたので一部訂正致しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

return top