見逃し配信ってなに?

テレビで放送された番組(ドラマ・バラエティなど)を、本放送終了後に約1週間インターネット上で無料配信してくれるサービスです。

見逃し放送ってなに?

見逃し配信とは

テレビで放送された内容と同じものが、各テレビ局のホームページやパートナー会社の動画サイト(※GYAO!niconicoなど)で無料配信されるので、見ようと思っていたテレビドラマやバラエティ番組をうっかり見逃してしまったときでも見逃し配信されていれば後から視聴することが可能です。 ただし、配信期間は次回本放送がまでの1週間限定配信なので、見逃し配信をさらに見逃してしまわないよう注意してください。

見逃し配信のルール

各チャンネルで配信されている見逃し配信の動画は、以下のルールで配信されているようです。

  • 放送終了後に配信を開始。
  • 各局ホームページ、もしくはパートナー会社の動画サイトから配信。
  • 配信期間は約1週間。(※次回本放送まで)
  • 会員登録など不要。
  • 無料で視聴可能。
  • スマートフォン・タブレットは専用アプリで視聴。
  • ストリーミング配信のみ。ダウンロード保存はできない。

見逃し配信される番組のジャンル

見逃し配信される動画ジャンル
現在はテレビで放送された番組全てが見逃し配信で提供されるわけではなく、下記ジャンルから厳選されたテレビ番組が配信されています。

  • ドラマ
  • バラエティ
  • 情報番組
  • ドキュメンタリー
  • アニメ

ニュース番組について

ニュースの場合、放送内容にキー局と地方局のコンテンツが混在することが多く、一つの番組単位として配信するのは難しいのかもしれません。既に各テレビ局のニュースサイトであったり外部ポータルサイト(Yahoo!MSNなど)のニュースサイトなどでは、記事ごと、トピックごとにスポットで配信されていて、今後もこの形式が継続されると思われます。
その日のニュース動画がまとめて見れたら便利ではあるので、スポット動画をリレー方式で配信するなど工夫が待たれます。

唯一、テレビ東京では「テレビ東京ビジネスオンデマンド」として「WBS(ワールドビジネスサテライト)」や「Newsモーニングサテライト」をネット配信していますが、これらの見逃し配信は有料となります。
尚、「Newsモーニングサテライト」の方は毎週月曜日~金曜日の5時45分~6時40分の間だけライブ配信を行っています。

いまの見逃し配信、今後の見逃し配信

いまはまだ”見逃し放送”として配信されるテレビ番組は限定的ですが、視聴者数が増えることで配信対象となる番組は増えていくことが予想されます。また、2015年10月には在京民放キー局5社が立ち上げる、見逃し配信のポータルサイト「TVer(ティーバー)」が開始される予定です。 今後は「あの番組って何曜日の何時に何チャンネルだっけ?」などと迷うことも無く、最初から見逃し配信を見るようなライフスタイルになっていくのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

return top